馬油 髪 効果

馬油は万能薬?

私は何年か前に、同僚から初めて馬油の存在を教えてもらいました。

 

最初聞いた時は【馬油って万能じゃん!】と驚きました。

 

 

 

そこで、馬油はすごいなと思って、他にはどんな効果があるんだろうと
思い、調べて見たら、髪にも効果があるということがわかったのです。

 

馬油がもたらす、3つの髪への効果とは?

 

 

 

髪を乾燥から守り、広がり、うねり予防

馬油は保湿効果が高いので、
髪の保水力を上げてくれます。

 

その結果広がり、うねりの予防になります。

 

白髪や抜け毛の予防

 

馬油には新陳代謝をアップさせる作用があるので、
頭皮にぬってあげることで、血行を良くしてくれます。

 

その結果、健康な髪が生えてきやすいんだとか。
⇒馬油と白髪のコトについてもっと知りたい方はコチラ

頭皮のかゆみを抑える

 

馬油は炎症をおさえる効果があります。
なので頭皮のニキビや、合わないシャンプーなどで炎症が起きて、
かゆみにつながっている場合は、これも解消してくれます。

 

髪にもこんなにも効果があるのですね。
次の章で、馬油の使い方をまとめていきます。

 

どうやって馬油を髪に使うの?

 

髪への使い方はオイルでパックする方法と、
頭皮にぬりこむ方法の2つがあります。

 

このように使うことで、
さきほどの3つの効果が得られるのですね。

 

実際に私も試してみました。

 

 

 

私が使っているのはソンバーユという
ドラッグストアで販売されている馬油です。
これは馬油100%のものを選ぶと良いですよね。

 

馬油配合のハンドクリームはお値段も安いですが、
間違わないようにしてくださいね。

 

私が試してみたのは、髪の毛を洗って、乾かした後に、
馬油をつけてみました。

 

まずは頭皮に少量と、ぱさつきが気になる毛先です。

 

頭皮は少しマッサージするように塗りこみました。
馬油は血行をよくする作用もあるので、
確かにぽかぽかしてきました。

 

 

 

毛先にも塗りこみました。
確かにしっとりします。

 

馬油100%を塗る時のデメリット

 

ただいくつか難点があります。

 

馬油100%だとちょっとニオイがあるということ。

 

 

 

そこまでクセのるニオイではないのですが、外でこのニオイをかがれたら、
他の人はどう思うんだろう?という感じです。

 

また私は夜に馬油を塗ってみたのですが、
パジャマやタンクトップにに油のシミできてしまいました。

 

あとは枕にもついてしまっています。
ふきとってしまうのはもったいないので、
そのまま寝たのがいけなかったかな・・・

 

 

 

 

あとは手もやっぱりオイリーになります。
馬油はさらっとしている方ですが、
スマホをさわったり、本を読むと少し気になりますね。

 

そこで私は、どうにか他に方法はないかと探してみたところ、
馬油入りのシャンプーというものを見つけました。

 

 

 

リマーユヘアシャンプーという名前で、
ネット通販のみで販売されているものです。

 

馬油が配合されていて、
今話題の、髪にやさしいアミノ酸シャンプーで、
髪がパサつきやすいという方や、
しっとりさせたい方に選ばれています。

 

私も現在使っています。
馬油の効果である保湿もできるので、
ぱさつきやすかった私の髪にぴったりでした。

 

 

 

馬油の効果をしっかりと感じられるシャンプーです。

 

このシャンプーの香りじゃかんきつ系で癒されますし、
もちろん髪もしっとりと仕上がってくれるので、
リピしています。

 

このシャンプーなら、
パジャマを汚すこともないですしね^^
リマーユについてもっと知りたい時はコチラの記事へどうぞ⇒