馬油 効果

馬油はさらっとした油でヒトになじみやすい

馬油は豚や牛の脂と違い、さらっとしているのが特徴です。
何百年も昔から使われていたんです。

 

馬油にどんな効果があるのかまとめていきます。

 

馬油 効果 

 

保湿だけじゃなく、殺菌、新陳代謝アップまで!?

 

「油なので、保湿効果があるんじゃない?」と
多くの方が思うんじゃないでしょうか?

 

確かに馬油は保湿効果に優れていますが、
それだけじゃありません。

 

馬油の主な効果は

保湿、抗炎症作用、殺菌作用がある為、
あかぎれ、やけど、肌荒れ、ニキビ
新陳代謝促進、頭皮を活性化、髪の保湿などに効果が期待できます。

などがあげられます。。。

 

・・・すごい

 

 

 

だから、昔からあかぎれ、やけどなどに塗るという
習慣が出来上がっていったのでしょう。

 

出かける前に、馬油を髪に塗っているという友人も実際にいました。

 

特に馬油は人間の皮脂と構造が似ているので、
肌に塗ってもなじみやすいという特徴があります。

 

だからこのように普段使いしやすい油なのです。

 

なぜ馬油はニキビにも効く?

 

それは馬油には殺菌効果、保湿効果、浸透力が
とてもすぐれているからです。

 

 

 

抗菌殺菌効果があるので、
ニキビに塗ると治りやすくなるんですね。
また皮膚の炎症も抑えてくれるのもこの効果のおかげでしょう。

 

あかぎれ、ヤケドにも効果があるの?

 

先ほども少し触れましたが、
特に、馬油は人間の持っている皮脂と成分が近いので、
浸透しやすいんです。

 

馬油はミクロの隙間にまで染み込んでいき、
内側から、その効果を発揮してくれます。

 

また馬油は新陳代謝を良くしてくれる、
血行をよくしてくれる作用もあります。

 

なので、自然治癒力も高めてくれるので、
あかぎれ、やけどなどの傷にも効果があるのです。

 

馬油でスキンケアも出来る?

 

馬油は新陳代謝アップも期待できます。
なので、顔の気になる部分にぬれば、
顔のトーンが明るくなります。

 

 

 

某美容ブロガーさんも取り上げているんですよね。

 

しみやくすみがあるところに塗れば、新陳代謝をよくし、
皮膚の生まれ変わりを促進してくれますよね。
そうすれば、しみやくすみも薄くなってくるかもしれません。

 

⇒肌だけじゃなく、馬油は髪にも良い?

 

目の下のクマにも効果あり

 

 

 

色素沈着などでクマのようになっていれば、馬油を塗りながら
マッサージしてあげると効果的でしょう。

 

肌が乾燥しやすいという方にも馬油は有効です。
たとえば乾燥しやすい、または敏感肌という方の肌の状態は、
外部からの刺激に対するバリア機能も低下している状態なんです。

 

このような皮膚のコンディションに、馬油を塗ってあげることで、
しかりと奥まで浸透しながら、保湿機能を高め、
また炎症も抑えてくれるのです。

 

馬油ってすごいですよね。
いろんな効果があると思いませんか?

 

ドラッグストアなどで、1000円ほどで、馬油100%のオイルが販売されています。
一度試してみてくださいね。