シリコンシャンプー なぜ悪い

シリコンは悪ではないってほんと?

シリコンが髪に良くないという意見が一般化した昨今。

 

市場には数々のノンシリコンシャンプーがあふれています。
少し前までは高額なものが多かったですが、
最近は安価なものも多く手に取りやすくなりましたね。

 

しかし、ノンシリコンシャンプーがそんなにもいいものなのでしょうか?
 

 

シリコンは「完全なる悪」なのでしょうか?
今回はシャンプーのシリコンについてお話しします。

 

シリコンてそもそもなに?

 

シリコンの正体はオイルです。

 

安定性に優れ、人体への害はありません。

 

シャンプーやトリートメントに配合されるシリコンは、
髪のきしみを抑え、指通りを滑らかにします。

 

 

 

同時に、洗髪時のダメージを減少させる効果もあるので、
髪の傷みに悩んでいる人にはもってこいの成分なのです。

 

しかし、いつごろからか、「シリコンは悪である」という認識が広まりました。

 

シリコンが毛穴に詰まることで頭皮のトラブルを招いたり、
髪の表面をコーティングすることで
栄養素の吸収を妨げ、髪をより痛めるというのです。

 

これは本当なのでしょうか?

 

確かに、髪にきしみが出てしまうほどの強い洗浄剤を配合して、
たくさんのシリコンを入れて無理やり指通りを良くする、
シャンプーも数多くあります。

 

このようなシャンプーは市販のものに多く、
敏感肌の方などは、使い続けると、
毛髪が傷むだけじゃなく首回りにも炎症がでることもあるそうです。

 

シリコンは液体で安定な成分なので、
毛穴に詰まるというような研究結果などは出ていないので、
指通りを良くする程度のシリコン配合は何ら問題ないとされています。

 

 

というわけで、シリコンは悪ではないと言えます。

 

 

 

 

傷んでパサついたり広がってしまう髪をまとめたい、
髪のダメージを予防・軽減したい、
と考えている人には、むしろ進んで使ってほしいですね。

 

逆に、ノンシリコンを使うとのとシリコンの違いって何でしょうか?

 

ノンシリコンの一番のメリットは、
カラーリングやパーマなどがちゃんとかかるようになることでしょう。

 

既に説明の通り、シリコンは髪の表面をコーティングするもの。

 

薬剤の浸透を阻害してしまうのです。

 

カラーやパーマを考えている人は、
施術前の期間はノンシリコンに切り替えるなどしてもいいですね。

 

ノンシリコンは泡立ちが悪い?

 

ノンシリコンシャンプーは泡立ちが良くないなんてよく聞きますね。

 

しかし、シャンプーの泡立ちにシリコンの有無が大きく関係することはありません。
泡立ちは界面活性剤にが左右します。

 

ノンシリコンシャンプーには
アミノ酸系の界面活性剤が使用されていることが多いのですが、
これが泡立ちが弱い正体です。

 

ただし、アミノ酸系界面活性剤は脱脂力が抑えられており、
必要な皮脂を残して不要な皮脂を落とすため、
髪や頭皮の乾燥に悩んでいる人には嬉しいポイントでもあります。

 

結論から言うと、シリコンは「悪」ではありませんが、
ノンシリコンを使うか、シリコン入りを使うかは個人の好みです!

 

むしろ、シャンプーはシリコンの有無よりも
その他の部分で選んだ方がいいように思います。

 

いろんなシャンプーを試してみるのもいいでしょう。
シリコン入りだからと言って避けていたシャンプーの中にも、
あなたが気に入るぴったりのものがあるかもしれませんよ。

 

ちなみにこのサイトでピックアップしているシャンプーのリマーユです。

 

シャンプーはノンシリコンになっていて、
トリートメントには微量のシリコンが配合されています。

 

これによりアミノ酸シャンプーはきしみやすいというのをカバーしています。

 

コンディショナーに微量のシリコン入りなので、指どおりもよく、
毛髪、頭皮に負担をかけません。

 

今のシャンプーに満足していないのであれば、
一度試してみてはいかがでしょうか?

 

⇒こちらの記事で、リマーユのシャンプーの特徴がわかります。